サービス概要 導入事例 よくある質問 ログイン アカウント作成

よくあるご質問

電子帳簿保存法に関して

電子帳簿保存法とは何ですか?

電子帳簿保存法は、コンピュータを使用した帳簿書類の作成が普及してきた為、帳簿書類の電磁的記録(いわゆる電子データ)及びマイクロフィルムによる保存を認めた法律です。

電子データ等により保存することを認める代わりに、記録の遡及訂正のルールや肉眼でみるための出力装置などの必要な条件整備を定めた法律です。

法律の内容は、大きくは下記の4項目の内容が記載されています。
1、国税関係帳簿書類の電磁的記録による保存等
2、国税関係帳簿書類のCOMによる保存等
3、スキャナ保存制度に関して
4、電子取引に関して

レシるを利用することに違法性はないのですか?

電子帳簿保存法第10条に定めます電子取引に基づいたサービス設計がされておりますので、法律上の問題はございません。
自社内の経費精算ルールに対応しているかのご確認は、お手数ですが、御社内の経理担当責任者様や顧問税理士様等にご確認ください。

サービス開始にあたりどのような準備が必要ですか?

当社のサービスにてアカウントを作成していただくだけで、サービスの利用が可能です。
その他に特別な準備は不要です。

税務署への届け出は必要ですか?

不要です。

データは何年間保管されますか?

10年間保管しております。
ただし、利用規約に定める通り、当社サービスを退会された場合、または当社の所定のルールに基づいた方法に置いて連絡が取れなくなった場合には、お預かりしているデータを当社の規定に基づいて削除させていただくことがございます。

領収書をプリントアウトしたいのですが、どうするればいいですか?

当社サービスはデータ保管を提供するサービスですので、プリントアウトの機能は設けておりません。
必要だとお考えのユーザー様は、お手数ですが、画面キャプチャなどにてプリントアウトしてください。

退会する場合はデータはどうなりますか?

お預かりしているデータをPDFデータにて、一度だけ一括して出力することが可能です。
ユーザー様がサービス退会後は、お預かりしておりますデータは当社の規定に基づいて削除させていただきます。

社内でよく利用するお店でもレシるの領収書を発行してもらいたいのですが、可能ですか?

お手数ですが、店舗様のお名前、連絡先を問合せフォームから、当社にご連絡いただけますでしょうか。

当社の営業担当が店舗様にお伺いし、サービスのご説明をさせていただきます。
また、もし可能であれば、次回店舗様をご利用される際に、当社のご紹介をいただけますと幸いでございます。

当社の発行機能に関して

当店にご来店のお客様もレシるのサービスに加入していないと利用できないのですか?

いいえ。領収書を発行していただける店舗様のみ当社のサービスにログインして頂ければ、お客様には、汎用性の高いQRコードで領収書をお渡しが可能です。

お客様がスマートフォンを忘れてしまってQRコードを読み取ることができないのですが、どうすれば良いですか?

お手数ですが、発行画面に表示されているQRコードを印刷していただき、そのQRコードをお客様にお渡しください。

サービスを利用するのに費用はかかりますか?

いいえ。領収書の発行サービスは無料でご利用いただけます。

発行店舗情報の社印は必要ですか?

必須ではありません。店舗様にて必要に応じて、アップロード願います。
また、社印のデータが完成した後からでも、追加は可能です。

但書で該当するものがありませんでしたが、追加の依頼は可能ですか?

大変申し訳ございませんでした。
当社にて追加しますので、お手数ですが、問合せフォームより、追加が必要な但書をご連絡いただけますでしょうか。 社内で検討した上で、追加させていただきます。

タブレット以外の端末(例えば、POSレジ等)からデジタル領収書を発行できませんか?

現在、他企業様の端末サービスからもデジタル領収書が発行可能な外部公開APIを開発中でございます。
開発が完了しましたら、順次ご連絡させていただきます。

また、もし可能であれば、ご利用したいシステムベンダー様のお名前、サービス名を問合せフォームから、当社にご連絡いただけませんでしょうか。優先的にご連絡いただきましたサービス向けに開発ができないか、検討させていただきます。

発行済みの領収書を確認できますか?

一覧画面より発行済み領収書の確認が可能です。

発行済みの領収書一覧にある領収書を再発行できますか?

電子帳簿保存法に基づき、当社のサービスでは発行済みの領収書の再発行はできない仕様になっております。